2020年10月08日

阪急梅田 英国フェア

10月7日〜12日まで、阪急梅田で英国フェアが開催中です。
こちらにも、作品を置かせて頂いています。

額装作品で、ちっちゃなプリンセスベアが着せ替え出来る作品です。
Front1.jpg

普段は立てかけたりして、額装で楽しみますが、
女の子やドレス、バッグやパラソル等は取り外し出来て、
持たせたり、着せかえたりして遊べます。
とっても可愛いですよ〜

他に作品として・・・
ドールアイの男の子を作りました〜
Front1.jpg

お顔のアップ
Face-2.jpg

立ち姿も可愛いです!
Front-3.jpg

お時間がありましたら、ぜひぜひお足をお運びくださいね〜!!


posted by marchee at 18:40| Comment(0) | イベント情報

TeddyBearDay展

父の入院が長引いていて、なかなか作品の告知が
出来ないでいました。
ただ今、DearBear目黒店で、TeddyBearDay展開催中です。
会期は、〜10月31日までです。

DearBear目黒店のInstagram、Twitterや
HP(http://canal-bear.com/shop_meguro.html)等で
販売方法をご案内差し上げています。
よろしくお願いいたします。

既に始まっていますが、告知が遅れて申し訳ありませんでした。
作品の画像です。

Front1.jpg

Face1.jpg

帽子の、スティームパンク風の金属は写真の時は付いていますが、
ずっと悩んでいて、結局最後の最後で取り外しました。
胸の飾りは、アンティークの超レアなドレスパーツです。

いつもの子より、少しノーズを長くして、男前にしてみました。
モヘアもドイツのチップドタイプで、毛足も長く、
さわり心地も抜群です。

お店でぜひご覧くださいね!!



posted by marchee at 18:06| Comment(0) | イベント情報

現状

父の手術は先月24日に無事終了しました。
ただ、認知があったので、術後しばらくは目が離せない状態が続き、
とても大変でした。
先週末辺りから、少しずつ元の状態に戻りつつあったのですが、
今週火曜日に抜糸した時、主治医から再手術を言われました。
下顎の骨の手術をしたのですが、歯ぐきはなかなか肉が付きにくく、
抜糸したところ、一部分がくっつかず、口内炎の状態にただれて
しまっていました。
高齢ということもあり、薬ではやはり治らないので、再度ただれた
部分を取り除き、縫い合わせないといけないという事です。
すぐにでも処置しないといけないという事なので、翌日に再手術を
しました。
今度は部分麻酔で時間も短くて終わるという事でしたが、
母はまた振り出しに戻ってしまうととてもがっかりしていました。
急な手術だったため、私はどうしても外せない用事があり、
病院にはいけませんでしたが、術後、麻酔から覚めてからが
大変だったそうです。
神経が高ぶってしまったようで、導眠剤も全く効かず、
夜も寝ないで動き回ったり大きな声を出し続けたりした
そうです。
また落ち着くまでに時間がかかるかと思うと、
付き添う方も大変です。
普段の入院生活でも、誰か家族が居ないと不安で落ち着かず、
大声をだしたり、バンバン壁を叩いたり、病室から脱走したり
するので、個室にしてもらい、私が母のどちらかがいつも
付いているのですが、手術をしてからは、家族でも手が
付けられない事があります。
きっと認知症もかなり進んでしまったように思います。
前回の入院の時は、最後の方は随分よくなったので、
病院からデイサービスに1−2回出かけていました。
今回も、少しでも早くそこからデイサービスに通えるくらい
良くなると良いのにと思うのですが、今度ばかりは
かわいそうですが、無理かも知れません・・・
人間の老いていく姿というものを身を持って教えて
くれているんだな・・・と思いました。



posted by marchee at 17:48| Comment(0) | 日記